合宿免許のスケジュール

住んでいる地域によっては、免許がなければ暮らしづらいという人も多くいます。免許は、教習所に通って取得するという方法もありますが、素早くかつ楽しく免許を取得するならば合宿免許が良いでしょう。合宿免許のスケジュールについて紹介します。

合宿免許のメリットとスケジュール

免許の取得は、多くの人々が教習所に通いながら行います。その場合、人によって期間は様々ですが、1ヶ月ほどかかる人もいますが、半年ほどかける人もいるでしょう。いずれにしろ長い期間がかかることは確かです。合宿免許は、夏休みなどの長期休暇を活用しながら、教習所側が用意した合宿所で免許取得に向けて集中的に講習を受けるというものです。普通車の免許をはじめとして、二輪車や中型・大型車、特殊車など様々な車種で合宿免許は行われています。かかる期間は、免許取得を希望している車種や教習所によって多少異なりますが、オートマチックの普通車であれば短くて14日程度、マニュアルの普通車であれば16日程度で卒業をすることが可能です。

免許取得にまでかかる時間が短いという点が合宿免許の大きなメリットです。加えて、合宿所は観光地の近くに設けられていることも多く、スケジュールは余裕をもって組まれていることがほとんどなので、講習を受けると同時に観光旅行を楽しむことができます。

合宿免許の大まかな学習内容

合宿免許で学習する内容は、教習所に通って習った場合の学習内容と大きく変わることはありません。基本的には座学と実際に車に乗って運転操作を学ぶ技能教習とに分けることができます。座学は学科教習とも呼ばれており、仮免までに全体でおよそ9時限程度学ぶことになるでしょう。技能教習は車の種類によって細かな学習時限は異なっています。普通車のオートマティック車ならば12時限程度、普通車のマニュアル車ならば15時限程度受けることになります。この後、仮免のための学科試験と技能検定を受けなければなりません。仮免を取得した後にも学習は続き、学科教習はおよそ16時限程度、技能教習は19時限程度受けることになります。

問題ないと判断されたならば、合宿免許が終わり、卒業となるでしょう。なお、あくまで合宿免許が終わっただけで、免許の取得は指定の運転免許試験場で受けて合格しなければなりません。

合宿免許のスケジュール

合宿免許というと、どうしても合宿が行われている間、座学や技能教習を繰り返して終わると考える人もいますが、そのようなことはありません、合宿免許のスケジュールは比較的余裕を持って組まれており、自由時間も大いにあります。合宿所に到着したならば、まず入校説明と適性検査を行うことになります。視力と聴力の検査であり、これに合格しなければ続けることはできません。学科も技能教習も、1限は50分程度で組まれていることが多いです。初日は先行学科を1時限受けて終了するでしょう。仮免までは、学科、技能教習共に一日2限程度でスケジュールが組まれます。仮免を取得した後は、学科、技能教習共に3限程度でスケジュールが組まれますが、3限連続で技能教習を受けることはないでしょう。

休憩時間や空き時限を活用して、観光を楽しむこともできます。

スケジュールを把握して楽しもう

合宿免許は、およそ14日から16日程度で行われます。学科と技能教習が一日に2から3限ほど組み込まれており、空き時間で観光を楽しむこともできるでしょう。無理なくスケジュールが組まれているので、しっかりと確認して合宿を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です