合宿免許ってどんな時間割で進むの?

合宿免許と言っても場所によって日程や勉強方法が異なるため、最初のうちは手順がわからずに混乱する人も多いです。今回は運転免許を取得するために合宿免許を検討している人に向けて、合宿免許の日程や時間割、注意点などを交えながら解説していきます。

合宿免許の日程や流れ

合宿免許を利用した事がない人向けに日程や流れについて説明していきます。合宿免許は一般的に半月ほど掛けて免許取得を目指します。一般的な免許取得までには半年掛かったりする場合もあるのでそれに比べると免許を早く取得できます。本試験までのスピードが早いと筆記試験や実技試験で内容や運転の手順を忘れたりする事がありません。時間をかけて本試験や実技試験を受けると内容を忘れてしまって不合格になり、また試験の受け直しという事態になる場合があります。本試験を受けるたびにお金を取られますし、試験は一日中掛かるので時間の確保が大変です。

具体的に合宿免許の時間割について説明していきます。まず一日目に入校手続き後、適性検査を受けます。この検査は運転するのに問題がないかチェックする検査です。基本的にはほとんどの人が通過します。ただし判断能力に関する持病を持っている方は引っかかってしまう可能性があるのであらかじめ確認しておきましょう。検査後はすぐに教習本を使った筆記学習と実技教育になります。割合としては一日のうち、筆記が三時間、実技が二時間で行われていきます。そして一週間ほど教育が進んだらいよいよ仮免許です。免許を取得するにはまず仮免許を取得する必要があり、合格すると一般道での実技が可能となります。基本的に減点方式で仮免許の試験は行われ、一発で不合格となる項目や減点が大きい項目があるので事前に確認しましょう。一発で不合格となる項目に気をつければ基本的に合格します。

そして仮免許を取得したら後は路上教育の実技のみです。筆記は仮免許を取得した時点で教育を行うことはありません。路上の実技では実際の一般道を走ります。型が決まったコースではないので普段より集中力が求められます。また高速道路の実技や応急処置の実技もあります。そして仮免許取得から一週間程度で卒業試験となります。

本免許の試験内容

卒業試験を合格したら本免許試験となります。本免許試験は実技は無く、筆記のみの試験です。約100問ほどの問題が出され、8割の正解率で合格となるのが一般的です。100問もあって8割も正解できるか不安に思ってる人もいるでしょうが、4択問題となるので落ち着いて回答しましょう。テスト対策として問題集が売られているので本免許前に一度購入することも視野に入れましょう。試験は午前中に終わって午後に結果発表です。平日しか受け付けていないところがほとんどなので受ける時は余裕のある日程にしてください。

合宿免許でスムーズな免許の取得をしよう

合宿免許の時間割から当日の流れまで説明しました。合宿免許は早く運転免許を取得する事ができますが、油断は禁物です。合宿免許でない人たちと比べると勉強する時間が少ないため、合宿中は昼休みや就寝前の復習を習慣づけましょう。二週間ほど運転免許の取得に時間を取られますが、二週間と言う早さは大きなメリットとなります。夏休みや冬休みなどをうまく活用して免許取得を頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です